1. Top » 
  2. 2007年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

5/31 横浜vs日ハム ノーゲーム 球団の判断に疑問

 試合開始を40分遅らせたのに1回で終了。これでは最初からやらなかった方が良いに決まっています。交流戦は日程が厳しく簡単に中止にできないのは分かりますが、この雷雨では選手やお客さんが危険です。球団にはもう少し早い判断をして欲しかったですね。
幻のスタメン
1 (二) 仁志 1 0 0 0 .321 5 投飛
2 (遊) 野中 1 0 0 1 .125 0 三振
3 (中) 古木 1 0 0 1 .276 3 三振
4 (三) 村田 0 0 0 0 .298 10 -
5 (左) 佐伯 0 0 0 0 .340 3 -
6 (一) 吉村 0 0 0 0 .271 5 -
7 (右) 内川 0 0 0 0 .246 1 -
8 (捕) 相川 0 0 0 0 .278 1 -
9 (投) 工藤 0 0 0 0 .000 0 -
 バッテリー以外は昨日と同じですね。野中と古木は簡単に三振になってしまいちょっと気になりました。
 今日の試合の振り替えは6月25~28日のどこかですね。5月25日のロッテ戦の分もあるのでこれ以降は更に中止にするのが難しくなりました。

スポンサーサイト
  • Genre:

5/30 横浜vs日ハム 雨天中止振り替えは6月1日

5月30日(水)に相模原球場で開催される予定でした「日本生命セ・パ交流戦」横浜ベイスターズ対北海道日本ハムファイターズ戦は、雨天のため中止となりました。
この試合は、同カードの予備日として組み込まれておりました6月1日(金)に横浜スタジアムで開催されます。
なお、試合要綱と入場券の販売の詳細は下記の通りとなります。


【試合日時】
6月1日(金) 試合開始/18:00


【試合会場】
横浜スタジアム


【入場料金】
・内野自由席
 大人  2,500円
 小人   500円
・外野自由席
 大人  1,500円
 小人   500円


また、この試合の前売り入場券を5月31日(木)10:00より下記にて発売いたします。


【前売り発売所】
横浜スタジアム 正面前売入場券売場
ローソンチケット(ローソン店内『ロッピー』にての販売のみ) Lコード 31186


【お問い合わせ先】
ベイスターズチケットサービス
0120-35-4580
http://www.baystars.co.jp/newscolumn/detail.php?in_id=1248
 これだとお客さんもたくさん入りそうですね。いつもチケットがこれくらい安ければ満員になるんですけどねぇ。
幻のスタメン
1 (二) 仁志 0 0 0 0 .322 5
2 (遊) 野中 0 0 0 0 .143 0
3 (中) 古木 0 0 0 0 .279 3
4 (三) 村田 0 0 0 0 .298 10
5 (左) 佐伯 0 0 0 0 .340 3
6 (一) 吉村 0 0 0 0 .271 5
7 (右) 内川 0 0 0 0 .246 1
8 (捕) 鶴岡 0 0 0 0 .438 0
9 (投) 加藤 0 0 0 0 .000 0
 加藤はまだ先発だったんですね。加藤鶴岡コンビには良い思い出がありませんが、明日はこのままスライドかもしれませんね。ショート野中がなかなか新鮮ですね。足が速いのは確かですが守備はそこそこという感じ。明日もこのスタメン野手を見てみたいものです。
  • Genre:

5/28 横浜vs楽天 エースの好投虚しく連敗

楽天 0 0 0 0 0 0 2 1 0 |3 5 1
横浜 0 0 1 1 0 0 0 0 0 |2 7 1
勝:小 倉 1勝0敗0S
負:寺 原 4勝4敗0S
S:福 盛 3勝0敗11S
H:吉 田 0勝0敗0S
H:渡 邉 1勝0敗0S

横浜投手:寺 原(8回)-木 塚(2/3)-那須野(1/3)
東北楽天投手:永 井(5回)-松 本(1回1/3)-吉 田(1/3)-小 倉(1/3)-渡 邉(2/3)-福 盛(1回1/3)
HR:吉 村5号ソロ
寺原はよく頑張りました。6回まで無安打。8回3失点。十分すぎるほどの好投です。コレで勝たせてあげられない野手陣に責任があります。
 仁志の調子は戻ってきましたがそれ以外の人が酷いですね。さらに相変わらず左右病の謎采配が多くチャンスを潰してしまっています。とりあえず守れない鈴木尚はベンチに下げ代打の切り札として使い、金城は7番か8番で使うべきですね。ともかく打線を大幅に入れ替えないとどうしようもありません。

横浜が楽天に破れ3連敗を喫した。先発寺原が6回まで無安打と好投も、7回に初ヒットを打たれて以降、踏ん張りきれなかった。同点の8回には高須に左前適時打を浴びて勝ち越しを許した。大矢監督は「厳しく言えば、2点取ったら1点で抑えて欲しかった」と終盤3失点した寺原に反省を促していた。
 監督にはこんな事言って欲しくないですね。問題は寺原より野手なのに何を見ているのか
  • Genre:

5/27 横浜vs楽天 追いつかない程度の反撃…金城は軽傷

楽天 010 200 112 |7 10H 0E
横浜 000 000 103 |4 7H 1E
勝:山 村 4勝0敗0S
負:土 肥 5勝2敗0S
S:福 盛 3勝0敗10S

横浜投手:土 肥(5回0/3)-木 塚(1回)-川 村(1回)-ホセロ(1回)-那須野(1回)
東北楽天投手:山 村(7回)-渡 邉(1回)-朝 井(0/3)-福 盛(1回)
HR:リック1号ソロ 山崎武20号ソロ フェルナンデス9号ソロ 佐 伯2号ソロ 山崎武21号2ラン 佐 伯3号3ラン
 毎度毎度の追いつかない程度の反撃ですね。やや格の落ちた投手が
出てきてくれないと打てない。併殺も多いですし選手が悩んでしまっていそうですね。一度打線の大改革をすべきかもしれません。
 先発の土肥は山崎に打たれたホームラン以外はちょっと球が甘かったです。ですが5回3失点ならもう少し引っ張っても良いように思えるのですがこれがそこで降ろしてしまうのが大矢采配なんですよね。しかも今日は川村、ホセロ、那須野とリリーフで出てきた投手が打たれてしまいました。特にホセロはここ最近調子が全く上がりません。一度2軍に落として再調整も必要かもしれません。那須野もこういう敗戦処理で出てくると打たれてしまいますね。そろそろリリーフでは限界かもしれません。
 今日最も痛手だったのは金城が負傷退場したこと。小池もしばらく登録できませんし、しばらくはセンター古木か下窪でしょうか。これは非常に痛い離脱となりました…。
 明日も楽天戦。チケットが安いのでたくさんお客さんが入りそうですね。先発は寺原-永井か田中でしょうか。

20070527174904.jpg

幸い金城は軽傷のようです。何試合か休んで戻ってこれると良いですね。
2007/05/27-19:04 横浜・金城、両すね痛め交代=プロ野球
 横浜の金城龍彦外野手は27日、楽天1回戦(横浜)の8回の守備で打球を追った際に右翼の古木と激突、両足のすねを痛め、そのまま交代した。病院へは行かずに治療し、28日以降の試合の出場は当日の様子を見て決める。 (了)
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20070527-00000075-jij-spo
  • Genre:

5/26 横浜vsロッテ 完敗…選手起用の改善を!

横浜  000 000 021 |3 6H 0E
ロッテ 121 020 02X |8 13H 0E
勝:渡辺俊 5勝1敗0S
負:三 浦 2勝5敗0S

千葉ロッテ投手:渡辺俊(8回)-川 崎(1回)
横浜投手:三 浦(4回0/3)-高 宮(0/3)-ホセロ(1回)-山 口(2回)-吉 見(1回)
HR:青 野9号2ラン 村 田10号ソロ
 まぁ渡辺が打てないのは仕方ないでしょう。2点取れたのが奇跡といえるくらいです。問題は投手。そして選手起用。
 怪我明けの三浦はやはりピリッとしませんでした。今年始まってからずっとこんな調子ですがその悪い三浦がそのまま出たような試合でした。あんな調子の三浦をそのまま使った首脳陣にも責任はありますね。まぁ次何とかしてもらいましょう。
 さて問題の継投。今日も不可解な継投がいくつかありました。5回無死1,2塁で三浦から高宮に継投。しかもワンポイントで交代。4点差ですしそんな勝負に行くような場面ではありません。しかも高宮のワンポイントはほとんど上手く行きません。さらに満塁にしてからホセロ。コントロールに不安のあるホセロを満塁で使う意図が全く分かりません。案の定押しだし。さらにホセロをロングリリーフさせるわけでもなく次の回からは山口。それなら最初から山口で行くか三浦続投の方がマシでした。投手起用に全く一貫性がありません。さらに吉見が中継ぎでまた炎上してしまいました。加藤を先発で使って吉見を中継ぎで使う利点は全くありません。早急に配置転換すべきです。
 野手も鈴木尚が本当に酷いです。打てなければ守備でも足をひっぱる。やはりシーズン通して出るのはきついようですね。代打の切り札が一番合ってるように思えます。
 明日からは楽天戦。おそらく土肥が出てくるのでここは勝っておきたいですね。
  • Genre:

5/22 横浜vs西武 寺原完投するも8連敗

横浜 000 000 010 |1 6H 0E
西武 000 200 00X |2 7H 0E
勝:涌 井 7勝2敗0S
負:寺 原 4勝3敗0S
S:小野寺 0勝1敗9S

西武投手:涌 井(8回)-小野寺(1回)
横浜投手:寺 原(8回)
HR:村 田9号ソロ
 また打線の援護がありませんでした。寺原は崩れた4回以外はほぼ完璧。三浦のいない今、横浜のエースと言っても間違いはありません。打線が打てない時はこういう事もあるでしょう。
 野手はだいぶメンバーを入れ替えてきましたが繋がりは欠いたままでした。相変わらずチャンスで一打が出ない、そして併殺。連敗で選手が硬くなってしまっているのでしょうか。こういう時こそ下窪や藤田など若い選手に頑張って欲しいですね。
 明日は工藤-岸でしょうか。岸は相当良い投手だと聞くので、工藤になんとか3失点くらいに抑えてもらいたいですね。
  • Genre:

小池が登録抹消。上がるのは誰か?

 ~ 本日(5月21日)の出場選手登録異動公示 ~

出場選手登録
 な し

出場選手登録抹消
 阪神タイガース       投 手  67  伊代野 貴照
 阪神タイガース       内野手  44  藤原 通
 東京ヤクルトスワローズ  外野手  8  武内晋一
 読売ジャイアンツ      捕 手  56  加藤 健
 横浜ベイスターズ      外野手  44  小池正晃



  (参考) 5月19日(土)の出場選手登録異動公示

出場選手登録
 読売ジャイアンツ     投 手  30  西村健太朗
 広島東洋カープ     内野手   4  尾形佳紀

出場選手登録抹消
 読売ジャイアンツ     投 手  43  真田裕貴
 広島東洋カープ     外野手  35  中東直己
 開幕からほぼ守備固めでしか使われていなかった小池が2軍へ落ちてしまいました。代打やスタメンで打てなかったのが原因でしょうか。怪我でなければいいのですが…。これで外野の守備がかなりまずくなりました。金城に負担がかからなければいいのですが…。
 代わりに上がってくる候補としては
下窪 陽介 .488 10試合 21安打 1本塁打 7打点
新沼 慎二 .371 23試合 26安打 1本塁打 10打点
ミツル  .303 27試合 10安打 0本塁打 10打点
西崎 伸洋 .293 29試合 27安打 3本塁打 9打点
下園 辰哉 .284 31試合 27安打 3本塁打 16打点
 2軍に落ちたあとの下窪は絶好調のようなので再昇格もありそうですね。また、新沼を上げれば捕手を代打として使うことが出来ます。明日からの交流戦に向けてしっかり戦力を固めて欲しいですね。
  • Genre:

5/20 横浜vs阪神 止まらない連敗。借金生活に突入

横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 |0 5 0
阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 X |1 8 0
勝:中村泰 1勝0敗0S
負:加 藤 1勝2敗0S
S:藤 川 0勝1敗12S
H:久保田 1勝1敗0S
H:ウィリアムス 1勝1敗0S

阪神投手:中村泰(6回)-久保田(1回)-ウィリアムス(1回)-藤 川(1回)
横浜投手:加 藤(3回1/3)-山 北(2/3)-川 村(1回)-那須野(2回2/3)-木 塚(1/3)
 4回に加藤がアクシデントで降板し、その回に1点取られる。1点ならどうにかなると思ったが野手が全く打てず連敗を止められない。
 加藤はこれまでで1番良いといえるほどの投球でしたがアクシデントで降板。後続はよく抑えましたが野手が答えられない。
 この連敗の原因は先発が崩れたのもありますが、野手が打てないのもかなり大きいです。特に今日は無死3塁から点が取れないなど拙攻が目立ちました。まず第1にいえることは2番石井琢郎をやめるべき。バントをさせるなら他にも適任はいるし、せっかく打てるようになってきているのに下手なバントを見せられるのは苦痛。
もう一つは左右病をいい加減治すべき。今日も対左オーダーでしたが内川が仕事をしたくらいでそれ以外は全く機能しませんでした。代打でも選手の能力より左右を重視するようでは打線は繋がりません。
 火曜日からは交流戦が始まってしまいます。打撃の早急な改善、打順の組み直しが必要ですね。
  • Genre:

5/19 横浜vs阪神 泥沼6連敗で5割に逆戻り

横浜 000 000 000 |0 8 1
阪神 101 030 01X |6 14 0

勝:杉 山 2勝2敗0S
負:土 肥 5勝1敗0S

阪神投手:杉 山(9回)
横浜投手:土 肥(4回2/3)-高 宮(1回1/3)-ホセロ(2回)
HR:シーツ4号ソロ シーツ5号2ラン
もう何も言うことはありませんね。この連敗の原因は先発投手陣がしっかり投げられないこと。そして野手が援護できないこと。
 ここまで来たら開き直って最初から立て直すしかありません。幸い、中継ぎ陣は安定してますし、石井、金城、吉村には当たりが出始めました。このような選手をどう上手く使うかが采配の見物ですね。鈴木尚が調子を落としてるにもかかわらず使い続けるのはもうやめて欲しいですね。打てないからといって守備で貢献できる選手ではありません。
 打線の課題としてはバント失敗、併殺が目立つことですね。石井琢はもともとバントの上手い選手ではありませんから2番でバントしたいなら小池を置くべきです。併殺に関しては打順でどうこうできる物ではないので1人1人がゲッツーされるようなコースに打たないことですね。
 明日は加藤でしょうか。先発陣で最も情けない投球をしてる加藤ですが候補がいないのでローテに残っています。そろそろこういう采配はやめて本来の中継ぎに戻して欲しいのですが…。
  • Genre:

5/17 横浜vs巨人 4連敗。投手酷使の弊害

巨人 0 0 0 1 1 0 4 1 2 |9 18H 0E
横浜 0 0 1 1 0 0 2 0 2 |6 15H 1E
勝:木佐貫 3勝1敗0S
負:那須野 1勝3敗1S
S:上 原 0勝0敗4S
H:木 塚 1勝0敗0S
H:川 村 1勝1敗0S

横浜投手:吉 見(4回2/3)-木 塚(1/3)-川 村(1回)-那須野(1回)-高 宮(1回)-山 北(1/3)-ホセロ(2/3)
巨人投手:木佐貫(6回)-会 田(1回)- 林 (1/3)-上 原(1回2/3)
HR: 谷 6号ソロ 阿 部9号3ラン 仁 志5号2ラン
 今日は投手の失敗が全てです。那須野は1失点で抑えておけばよかったのですが、気持ちが切れて阿部に3ランを打たれてしまいました。これでは勝ちリレーで使えなくなってしまいます。
 そして問題はホセロを登板させたこと。4点差でここ数戦打たれてるホセロをなぜ使うのか。少し休ませるべきだと誰もが考えているのに使ってしまった。案の定打たれてしまい、これは精神的に来て使えなくなってしまうかもしれません。中継ぎ酷使のことはずっと言っていましたがとうとう目に見える形で現れてきました。監督や投手コーチにはもう少し投手を抑えて使うことを考えて欲しいですね。
 打線は6点取りましたが点が欲しいところで一打が出ませんでしたね。3番の鈴木尚が上がってきませんね。進塁打が欲しいところで進塁打も打てない。数試合代打で使って調子を取り戻してからスタメンで出して欲しいです。
 明日からは甲子園で阪神3連戦。交流戦前で貯金を使い果たさないようにしたいですね。
  • Genre:

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。