1. Top » 
  2. 2007年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

6/14 横浜vs日ハム 引き分け痛み分け…大矢監督退場

横浜  001 003 110 000 |6 11H 0E
日ハム 003 001 200 000 |6 14H 0E
日本ハム投手:吉 川(5回1/3)-押 本(1/3)-江 尻(1回1/3)-武田久(2回)-金 森(3回)
横浜投手:工 藤(5回1/3)-木 塚(2/3)-那須野(1/3)-川 村(2/3)-横 山(3回)-高 宮(1回)-クルーン(1回)
 両者全力を尽くしての痛み分けとなりました。先発の工藤は3回に崩れたのがもったいなかったですね。あれさえなければもう少し長いイニングいけそうでした。那須野を除くリリーフもよく頑張りました。特に横山は3イニングキッチリ投げきりました。僅差の場面でも信頼できるようです。問題は那須野。1点差を守りきれないようでは勝ちリレーでは使えませんね。一度2軍で鍛え直して、先発で行くのか中継ぎで行くのかハッキリさせた方が良いような気がします。
 野手も監督退場に燃えたのか、よく粘りました。しかし、9~11回すべて三者凡退というのがいただけなかったですね。村田もチャンスで打てないままですし、もう少し投手を援護できるようになれば今日のような試合を拾えるようになってくるでしょう。
 今日の試合では守備妨害を巡って大矢監督が退場になってしまいました。あの判定は確かに微妙ですね。どちらと取っても文句が出てくるでしょう。大矢監督が闘う姿勢を見せたことによって、そのあとの粘りが出てきたのでしょう。これでチームが一つになれたらそれが収穫ですね。
 土曜からは東北で楽天戦ですね。
  • Genre:

東京ヤクルトスワローズ・東急電鉄と共同プロモーションを実施

東京ヤクルトスワローズ・東急電鉄と共同プロモーションを実施横浜ベイスターズと東京ヤクルトスワローズは、東京急行電鉄(本社:東京都渋谷区・社長:越村敏昭氏)が発行する無料情報誌「SALUS(サルース)」において共同プロモーションを展開することになりました。
「SALUS」7月号(6月20日発行)と8月号(7月20日発行)におきまして、読者限定のプレゼントと割引サービスを実施するほか、両球団の選手がお薦めする横浜、神宮両スタジアム周辺の飲食店なども紹介していきます。
http://www.baystars.co.jp/newscolumn/kyodo.pdf
 ベイスターズとスワローズがコラボするとは珍しい企画ですね。東急限定のようですがこれで知名度が上がるといいですね。
  • Genre:

6/11 横浜vs西武 要所で打線が繋がり3連勝

西武 0 1 0 0 1 0 0 0 0 |2 8H 1E
横浜 0 3 2 0 0 0 0 0 X |5 11H 0E
勝:吉 見 1勝2敗0S
負:涌 井 8勝4敗0S
S:クルーン 1勝0敗13S
H:木 塚 1勝0敗0S
H:那須野 2勝4敗1S

横浜投手:吉 見(6回)-川 村(2/3)-木 塚(1/3)-那須野(1回)-クルーン(1回)
西武投手:涌 井(6回)-正 津(1回)-星 野(1回)
HR:和 田6号ソロ 吉 村7号2ラン 細 川4号ソロ
 吉見はお決まりの一発を食らいましたがそれ以外は良い感じでしたね。これならローテ入りも大丈夫でしょう。うしろの3人もよく投げました。
 野手は藤田が大爆発ですね。いつもこれくらい打てるなら石井琢の後継者としてふさわしいですね。スタメンで出た時は常に1安打は打てるようになれば心強いですね。さらに、仁志、吉村にも当たりが戻ってきました。あとは村田が復活すればチームの調子がよかった頃に完全に戻りますね。
 試合とは関係ありませんが試合中古木がベンチ内でタバコを吸ってたようですね(4回吉見の打席)。野球選手でもタバコを吸う人はいっぱいいますからそれ自体を非難するつもりはありません。しかし、試合中に外から見えるところで吸うというのはどうなんでしょうか?もう少し考えて行動して欲しかったですね。
 水曜からは北海道で日ハム戦。強いチームですが一矢報いたいですね。
  • Genre:

6/10 横浜vs西武 打線が繋がり連勝!

西武 1 0 0 0 0 0 0 2 0 |3 8H 1E
横浜 0 4 0 0 3 0 0 0 X |7 8H 0E
勝:土 肥 6勝2敗0S
負:ギッセル 1勝7敗0S

横浜投手:土 肥(7回2/3)-木 塚(1/3)-横 山(1回)
西武投手:ギッセル(4回0/3)- 許 (1回)-山 崎(2回)-岩 崎(1回)
070610_1731~01.jpg

 今日は観戦に行ってきました。スタメン発表直前まで雨が降っていましたが試合開始時には気持ちいい天候になっていました。
 先発の土肥は開始直後と8回に少しやられしまいましたがそれ以外は非常に良い投球でした。前回のように高めに浮くことも少なく、打者のタイミングを狂わせていました。最終回は横山が投げました。球速はなかなか出るようですね。今回は無失点で抑えられていたのであとは僅差の場面で抑えられるかでしょう。
 野手も今日は元気でした。佐伯は3安打と調子を維持していますね。金城、吉村も良い場面で当たりが出るようになりました。3番に入った鈴木尚は四球が一つだけと寂しい結果になりました。悩んでしまっているのでしょうか。
 明日は甲府に移動しての試合ですね。先発は吉見でしょうか。3連勝を狙いたいですね。
  • Genre:

6/9 横浜vsロッテ 完封リレーで湾岸ダービーを制す

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 |0 5H 1E
横浜  0 0 0 2 0 0 0 0 X |2 6H 0E
勝:三 浦 3勝6敗0S
負:成 瀬 6勝1敗0S
S:クルーン 1勝0敗12S
H:木 塚 1勝0敗0S
H:那須野 2勝4敗1S
H:川 村 1勝1敗0S

横浜投手:三 浦(5回2/3)-那須野(1回)-木 塚(1/3)-川 村(1回)-クルーン(1回)
千葉ロッテ投手:成 瀬(5回)-荻 野(1回)-川 崎(1回)-小宮山(1回)
HR:吉 村6号2ラン
今日の三浦は毎回ランナーを出すものの要所要所を締めて無失点。バックの守備にも助けられました。途中トラブルがあったのが心配ですがそこまで大きなケガではないようですね。
 後続の投手もそれぞれしっかりと役割をこなしました。クルーンの足の調子も心配ですが今日の投球を見る限り大丈夫そうです。
 打線は吉村の一発だけでしたが、やはり一発が出ると流れが変わりますね。今の打線では一発を期待できるのが村田だけになってしまってるのがきついところ。吉村や古木にはもっと打ってもらいたいです。
 心配なのが小池と内川。この二人に加えて古木が非常に微妙です。打撃は古木が一番。守備は小池が一番であることは確かですが3人ともこの能力ではずっと使い続けるのは難しいですね。1人でも良いから3割か20本打てるようになってくれればいいのですが…。
 試合の外で気になったのはロッテのブーイングですね。ケガの治療から帰ってきた三浦に対してブーイングとは酷いですね。ロッテのブーイングはよく話題に上がりますが、調子に乗ってまだやってる人がいるようですね。こればっかりは治らないんでしょうね。残念です。
 明日からは西武線。先発は吉見-ギッセルが予想されてます。

  • Genre:

6/8 横浜vsロッテ 大差負け…加藤は2軍落ち中継ぎ再転向

ロッテ 2 1 1 1 2 0 2 3 0 |12 16 0
横浜  0 0 0 0 0 0 0 0 1 |1 7 1
勝:清 水 2勝5敗0S
負:加 藤 1勝3敗0S

横浜投手:加 藤(2回)-高 宮(3回)-ホセロ(3回)-岸 本(1回)
千葉ロッテ投手:清 水(9回)
HR:福 浦2号2ラン ベニー5号ソロ
 酷い試合でしたね。見に行った人が可哀想でなりません。
 まず先発の加藤。まだ先発で使う意味がよく分かりませんが、案の定2回3失点でノックアウト。今までの結果からも先発に向いていないのは明らかなのにまだ先発させる。いったい首脳陣の誰が指示してるんでしょうか?さすがに今回で先発加藤は最後にして欲しいですね。中継ぎとしてなら素晴らしい投手です。自信を失っていなければいいのですが…。
 2番手高宮は急遽登板という理由はありますが打たれすぎですね…。長いイニングで見たい気持ちはありましたが今日の投球では先発は厳しそうです。ホセロも打たれるようになってしまいましたし中継ぎ事情は非常に厳しいです。
 野手も不調清水を全く打てず。今日は誰が悪いということはなくて全員が悪いですね。守備でも足を引っ張ってしまった古木はしばらくスタメンから落ちそうです。
 明日の先発は三浦でしょうか。前回調子が上がってきていたのでここら辺で完全復活して欲しいですね。

加藤、結果出ず2軍へ 大矢監督が決定

 いつも穏やかな大矢監督が、今季初めて声を荒らげた。先発の加藤が2本塁打を浴び2回で3失点。「手の施しようがない点の取られ方。野手が、がっかりきちゃう」とばっさり。試合後、2軍への降格を決めた。
 今季、中継ぎから先発に転向したが、9度の先発で1勝3敗、防御率は6点台と結果を残せなかった。斉藤投手チーフコーチは「本人も結果が出ずに焦りがあるのか、長打が多すぎる」。再登録後は本人の希望で、中継ぎへ戻る可能性が高いという。(横浜)
最初から中継ぎでやらせておけばよかったのに…。
  • Genre:

6/5 横浜vsソフトバンク 投打かみ合って連敗脱出!

横浜 200 000 120 |5 12H 0E
ソフ 001 010 000 |2 10H 1E
勝:寺 原 5勝4敗0S
負:和 田 4勝5敗0S
S:クルーン 1勝0敗10S
H:那須野 1勝4敗1S
H:川 村 1勝1敗0S

ソフトバンク投手:和 田(7回0/3)-水 田(1回)-柳 瀬(1回)
横浜投手:寺 原(6回1/3)-那須野(2/3)-木 塚(1/3)-高 宮(1/3)-川 村(1/3)-クルーン(1回)
 久々の快勝ですね。投手野手ともによく頑張りました。
 先発の寺原を早めに切り上げたのは成功ですね。いつもなら引っ張って打たれていたかもしれません。寺原自身も久々の勝利、それも古巣相手からですから調子に乗っていきたいですね。
 野手も仁志、村田に当たりが出ました。やはりこの二人、そして佐伯が大きいですね。この3人で点を稼がなければなりません。3番吉村はまだちょっと荷が重いようですね。3番には好調なら古木辺りを入れていきたいですね。金城も1000本をきっかけに復調してきてるようですし3番を打っていた頃くらいまで復活してもらえれば心強いですね。
 明日は工藤でしょうか。こちらも古巣に恩返しをしたいですね。
  • Genre:

6/2 横浜vsオリックス 三浦見殺しで5連敗

横浜 000 000 001 |1 6 2
オリ 000 000 30X |3 7 0
勝:平野佳 4勝4敗0S
負:三 浦 2勝6敗0S
S:加藤大 2勝2敗5S

オリックス投手:平野佳(8回1/3)-加藤大(2/3)
横浜投手:三 浦(6回2/3)-木 塚(1/3)-高 宮(1回)
 今日は先発両投手とも出来がよくなかなかの投手戦でした。ケチを付けるとすれば村松に打たれた初球。あれが全てでした。その前の打者を三振で抑えていたので気がゆるんでしまったのかもしれません。しかし本当にそれ以外は完璧でした。
 問題は野手。打てない守れない。特に仁志と村田が酷くなってますね。連勝時はこの二人がチームを引っ張っていましたが今は足を引っ張ってしまっています。二人とも引っ張って三振かゴロばかりなので、もう少し抑えて粘りのバッティングをして欲しいです。守れないという面でも今日は野中と古木がエラーをしてしまいました。野中は昨日の試合で良いところを見せてただけにもったいなかったですね。守備もできないとレギュラーへ固定は難しそうです。
 明日は寺原が来るのでなんとか連敗を止めたいですね。
  • Genre:

6/1 横浜vs日ハム 競り負け連敗止まらず

日本ハム 000 030 011 |5 13 1
横浜   100 020 000 |3 6 0
勝:押 本 1勝1敗0S
負:那須野 1勝4敗1S
S:MICHEAL 0勝0敗9S
H:武田久 2勝1敗2S
H:武田勝 1勝0敗0S
H:川 村 1勝1敗0S

横浜投手:加 藤(5回)-川 村(2回)-那須野(1/3)-木 塚(2/3)-高 宮(1回)
日本ハム投手:吉 川(4回2/3)-押 本(2回1/3)-武田勝(2/3)-武田久(1/3)-MICHEAL(1回)
HR:小谷野2号2ラン
 もう先発加藤はやめるべきです。先発向きでないのになぜ先発に拘るのか。それに左右病も酷すぎます。今日は試合後「大矢やめろ」コールがあったようですがこの采配では仕方ありません。
 初回に先制したのはほぼ1ヶ月ぶり。いい感じで試合を進められるかと思いましたが3巡目で加藤が捕まりました。1巡目はしっかり抑えられてるのに2巡目からはかなり怪しかったです。この辺から先発向きではないのは明かですね。那須野も疲れ気味ですね。高宮と共に先発で試してみた方がいいと思うのですが。
 この負の連鎖から逃れるには勝つしかありません。選手達を信じましょう…。
  • Genre:

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。