1. Top » 
  2. 2007年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

2日連続中止 前半戦貯金ターン確定

 早々と15日の中止が確定しました。台風が来てますし仕方ありませんね。
 現在貯金は4。残り試合は3ということで前半戦貯金ターンが確定しました。3位になった05年以来ですね。この調子で行ければプレーオフ進出も見えてきます。残り3試合で一つでも多くの貯金を作りたいですね。
  • Genre:

横浜 また中止で日程との戦いも激化

 横浜は、台風4号の影響を受け、ヤクルト戦(横浜)が午後1時40分に早々と雨天中止。2試合連続サヨナラ勝ちの勢いをそがれた大矢監督は「こういう流れの中でゲームが続くのが一番いいんだけど」と残念そうだったが、深刻な表情は笹川業務部長だ。この日で雨天中止による未消化試合は7試合目。15日も中止確実で、日程未定の2試合を加えると未消化は10試合となる。セ・リーグ全体で予備日は最大14日間。笹川部長は「この時期にしては(中止が)多い。後半戦でダブルヘッダーの可能性もある」。現在3位の横浜。大矢監督は「先のことは分からない」と話したが、クライマックスシリーズ進出へ、天候&日程との戦いも激化しそうだ。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/07/15/06.html
 とうとうダブルヘッダーの危機が迫ってきました。現在チームが3位にいることもあり、下手するとプレーオフ出場権を賭けての試合を過密日程でこなさなければいけなくなります。
 今日、15日は3時頃から雨は上がるようなのでもしかしたら決行するかもしれませんね。後半戦も決行する試合が増えそうです。怪我人が出なければいいのですが…。
  • Genre:

7/13 横浜vsヤクルト 三浦が粘りに粘って2夜連続サヨナラ勝ち

ヤク 000 000 000 0 |0 2H 1E
横浜 000 000 000 1x |1 6H 3E
勝:三 浦 7勝7敗0S
負:館 山 3勝5敗0S

東京ヤクルト投手:館 山(9回2/3)
横浜投手:三 浦(10回)
 三浦はまさにエースの力投。味方のエラーにも動じずピンチをしっかり抑えました。気温が上がると共に調子も挙げてきました。この調子を続けてくれればチームも上がっていけますね。
 サヨナラ勝ちしたものの打線は少し物足りなかったです。特に3番4番。村田は打てないのが守備に影響を及ぼすようになってしまいました。一度休ませることも必要だと思うのですが…。
 良い流れできているのでヤクルト戦は是非勝ち越しを狙って欲しいですね。ただ土日は天気が心配ですね。
  • Genre:

7/10 横浜vs中日 打てず守れず

中日 0 2 2 0 0 0 0 0 0 |4 7 2
横浜 0 0 0 0 0 0 0 1 0 |1 5 1
勝:朝 倉 6勝5敗0S
負:寺 原 6勝6敗0S
S:岩 瀬 1勝2敗22S

中日投手:朝 倉(8回)-岩 瀬(1回)
横浜投手:寺 原(5回)-山 北(1回)-ホセロ(2回)-加 藤(1回)
HR:森 野10号2ラン
 寺原はちょっと疲れ気味でしょうか。一時の安定感が全くありません。スライド登板が続いたり中5日だったり、チームの中では一番酷使されていたので仕方ないでしょう。オールスター休みでしっかりと休んで欲しいです。
 問題は打線ですね。クリーンナップが止まれば打線全体が止まるのも仕方ないでしょう。金城、村田、佐伯、吉村。この4人が安定して当たっていればいいのですが4人とも不安定です。ですので安定している相川をもう少し上の打順(6番か7番)で起用すれば打線の流れも少し変わると思うのですが…。
 明日は土肥でしょうか。中日とは相性が良いのでそれなりに抑えて欲しいところです。
  • Genre:

7/8 横浜vs広島 終盤に打線が粘りを見せる

横浜 002 100 014 |8 16H 1E
広島 100 000 210 |4 16H 1E
勝:木 塚 2勝0敗0S
負:大 竹 4勝6敗0S
H:加 藤

横浜投手:吉 見(5回)-加 藤(2/3)-山 北(0/3)-川 村(1回1/3)-那須野(2/3)-木 塚(1/3)-クルーン(1回)
広島投手:長谷川(6回)-広 池(1回)-横 山(1回)-大 竹(1回)
HR:村 田13号2ラン 新 井20号2ラン 吉 村12号3ラン
 両軍あわせて32安打12得点25残塁。乱打戦であり拙攻戦でもありました。
 吉見の降板は賛否両論ありそうですが、あのタイミングがベストでしょう。あれ以上投げても確実に捕まっていました。問題はそのあとに投げた加藤、山北、川村。特に加藤は中継ぎに戻ったあとも先発の時と同じような投球になってしまっています。去年の加藤はもっと球速がでてた気がするのですが…。さらにクルーンの足の状態が心配ですね。150km/h後半も出なくなってきてしまいました。フォークのキレが良いのでなんとか抑えてますが、このままストレートの速度が落ち続けるといつか捕まってしまいそうです。
 攻撃の方は一発攻勢で勝利を物にしました。村田に一発が出たのは大きいですね。ああいう場面で打ってこそ4番です。鈴木尚も久々のマルチと調子を上げてきました。春先くらい打てれば3番または5番を打てますね。
 火曜日からはホーム9連戦。雨がかなり心配ですね。投手が足りないのでいくつか中止になってくれると助かりますね。
  • Genre:

7/7 横浜vs広島 三浦完封!打線も爆発!

横浜 400 001 300 |8 15H 0E
広島 000 000 000 |0 5H 0E
勝:三 浦 6勝7敗0S
負:黒 田 8勝5敗0S

横浜投手:三 浦(9回)
広島投手:黒 田(6回)- 林 (1回)-青 木(2/3)-カリダ(1/3)-大 竹(1回)
HR:吉 村11号3ラン
 投打がかみ合って快勝です。三浦にとっては初回の4点が非常に大きかったですね。少し不安な部分もありましたが打球が野手の正面に飛んだラッキーなどもあり、終わってみれば5安打完封。援護があるとなぜか打たれるのが三浦でしたが今日は良く踏ん張りました。これからもこのような投球ができれば最優秀防御率を取った年のような成績が残せますね。
 今日は野手もしっかりとチャンスを物にしました。初回の無死満塁のチャンスで3点取れたのが大きいですね。いつもなら1点で終わっているところでした。金城、村田が猛打賞と当たってきているので明日もこの調子を維持して欲しいですね。そして鈴木尚が約1ヶ月ぶりにヒットを打ちました。とても悩んでいたようなのでこれをきっかけに復活して欲しいですね。鈴木尚が代打で居るのと居ないのでは大きく違ってきます。
 明日は寺原-佐々岡が予想されていますね。吉見の登板間隔が開いてるので吉見の先発の可能性もありますね。
  • Genre:

7/4 横浜vs巨人 貧打&継投失敗で連勝を逃す

横浜 0 0 0 0 0 0 1 0 0 |1 2 1
巨人 0 0 0 0 0 0 5 0 X |5 12 1
勝:木佐貫 7勝3敗0S
負:工 藤 2勝5敗0S

横浜投手:工 藤(6回0/3)-加 藤(0/3)-山 北(1/3)-木 塚(0/3)-那須野(2/3)-ホセロ(1回)
巨人投手:木佐貫(7回)-豊 田(1回)-上 原(1回)
HR:吉 村10号ソロ
 敗因はわずかに2つ。7回の継投と貧打。
 木佐貫の出来はあまり良くありませんでしたから崩そうと思えば崩せたはずなのに無死2,3塁から得点できなかったり、連続フォアボールを貰っても得点できなかったり。そんなことを続けていたら昨日のような試合になってしまいます。
 6回まででかなりフラフラだった工藤は続投させたのは失敗でしょう。遅くとも先頭打者を出してしまった時点で代えるべきだった。監督が自分でも言っていましたがそれが敗因となってしまいました。そのあとを投げたリリーフ陣もキツイ場面だったりポテンヒットが多かったりと力を発揮できませんでした。
 金曜日からは広島3連戦。最低限ここは勝ち越して上位争いに望みを繋ぎたいところです。
  • Genre:

7/3 横浜vs巨人 打線爆発で快勝!

横浜 1 1 0 1 0 0 4 1 0 |8 16 1
巨人 0 0 0 1 1 0 0 1 0 |3 10 0
勝:土 肥 7勝3敗0S
負:内 海 7勝4敗0S

巨人投手:内 海(5回)-深 田(1回1/3)-西 村(2/3)-前 田(1回)-会 田(1回)
横浜投手:土 肥(6回)-川 村(1回)-那須野(1回)-加 藤(1回)
土肥はかなり不安定な内容でしたが、相手の拙攻に助けられました。しかし、相手の打線の要である阿部を抑えられたのが良かったですね。
那須野がやっぱりイマイチですねぇ。彼の起用法が間違っているような気がしてきました。那須野は左投手としては珍しく右打者との対戦の方が成績が良いのです。ですから今のような左打者が続くような場面でなく、右打者が続く場面で投げさせるべきだと思うのですが…。
 野手は下窪、相川、石井琢が猛打賞。相川が3割に迫る勢いです。もう少し打順を上げてこの勢いを活かして欲しいのですが…。吉村が5番に上がりましたがイマイチですね。まだ6,7番で様子を見た方が良いみたいです。
 明日は工藤でしょうか。連勝を狙いたいですね。
  • Genre:

オールスターには仁志、相川、木塚、クルーンが出場!

『ガリバーオールスターゲーム』にベイスターズから、ファン選出の仁志選手に続き3選手が監督推薦で選出されました。
3年連続のクルーン選手、そして初選出の木塚選手と相川選手です。選出の喜びの声を紹介します。

【仁志選手】
「投票してくれたすべての方々に感謝しています。ここまで頑張ってプレーしていますが、去年の今頃を考えると、チームが変わってまさか自分が選ばれるとは思いませんでした。ベイスターズのユニホームを着て、オールスターゲームの舞台に立てることは嬉しいです。東京ドームの一塁側ベンチに座ることは、もうないと思っていたのですが、巨人の選手と一緒にプレーできるのも楽しみです」


【クルーン選手】
「ベイスターズの選手みんなが活躍してくれたからこそ、自分が選ばれたのだと思います。3年連続で選ばれたことに喜んでいます。公式戦ではアウトをとることに集中していますが、オールスターでは自分の持ち味のストレートで、ファンに喜んでもらいたいです」


【木塚選手】
「初めてのオールスターということで嬉しいです。味方にも相手にも素晴らしい選手が揃っているので、オールスターゲームでは何かを吸収してきたいです。家族にオールスターに選ばれたことを報告したら、とても喜んでくれました」


【相川選手】
「プロ入り13年目で、初めて夢の舞台に立てるので光栄に思います。公式戦ではチームのためにと思ってしてきたことが、評価されたのだと思います。夢の舞台がいったいどんな舞台なのか想像がつきませんが、楽しんでプレーしたいです」
ファン投票で仁志が選ばれたのはとても嬉しいですね。横浜ファンだけでなく巨人ファンからのバックアップもあったのでしょう。二塁手としてはセリーグで一番良い成績を残していますしオールスターに出るのにふさわしい選手といえるでしょう。
 監督推薦の3選手は少し意外でした。相川は今季打率が上がり、阿部に次いで捕手では2番手の成績を残しています。木塚はワンポイントでの投球が光っていますね。知名度がちょっと低めなので目立ってきて欲しいですね。クルーンは去年、一昨年と盛り上げていますし、今年も盛り上げて欲しいですね。
  • Genre:

7/1 横浜vs阪神 酷い負け方で連敗

阪神 0 0 1 0 2 1 0 1 0 |5 13H 0E
横浜 0 0 0 1 0 0 0 0 0 |1 6H 0E
勝:上 園 2勝0敗0S
負:寺 原 6勝5敗0S
H:久保田 1勝2敗0S

横浜投手:寺 原(7回)-三 橋(2/3)-山 北(1回1/3)
阪神投手:上 園(5回)-久保田(2回)-ウィリアムス(1回)-藤 川(1回)
HR: 坂 1号ソロ 吉 村9号ソロ 金 本17号ソロ
 昨日と同じような負け方で連敗です。
寺原は立ち上がりこそ良かったものの坂に打たれたアンラッキーな一発から崩れました。一度打たれると止まらないのが寺原。そこさえ修正できれば絶対的なエースになれるのですが…。本人も言うように低めにほとんど行かず高い球ばかりでした。
 投手より野手の方が問題は深刻そうです。今日は連打が1度もなく得点は吉村のホームランのみ。相変わらず得点圏で打てていません。対策としては相川の調子が良いようなので6番か7番に置き、鈴木尚は2軍調整で良いと思うのですが…。
 悪夢の1勝14敗の時と同じような負け方だったのでこのあと連敗が続きそうで心配です。さらに悪いことに次は巨人と2連戦。なんとか1勝1敗で抑えたいところです…。
  • Genre:

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。