1. Top » 
  2. 2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

小林の背番号は14

横浜が小林と契約 「沢村賞を取りたい」
横浜は30日、大学生・社会人ドラフトで1巡目指名したJR東日本の小林太志投手(24)=183センチ、84キロ、右投げ右打ち=
と東京都内のホテルで交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で契約した。
本格派右腕の小林は、ことしの社会人日本選手権でチームの8強入りに貢献。
背番号は14に決まり「沢村栄治さんのイメージ。すごい番号。将来的に(沢村賞を)取りたいです」と意気込んだ。(金額は推定
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20071130-00000054-kyodo_sp-spo.html
 若田部以来空いていた番号が埋まりました。これはかなり期待されてますね。できれば開幕ローテに名前を連ねて欲しいです。
 今年は0,3,6,10などの良い番号も空いてるので背番号変更が色々あるかもしれませんね。
スポンサーサイト
  • Genre:

相川が日本代表から落選…

星野ジャパンの24選手決定 高橋尚ら3人が落選
 【台中(台湾)29日共同】北京五輪出場を目指す野球の日本代表の星野仙一監督は29日、当地でアジア予選に備えて練習している最終候補27選手のうち高橋尚成(巨人)渡辺俊介(ロッテ)両投手、相川亮二捕手(横浜)の3選手を外し、代表24選手を決定した。チームに同行する広報担当者が発表した。
 代表24選手の内訳は投手9人、捕手3人、内野手7人、外野手5人となった。
 高橋尚は30日に帰国予定で、渡辺俊と相川の帰国日時は未定。
 決勝リーグ開幕前日の30日には日本、韓国、台湾と1次リーグ1位通過のフィリピンが出席して監督会議が開かれ、各チームが登録24選手を提出する予定になっている。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/jpn/headlines/20071129-00000055-kyodo_sp-spo.html
 予想されていたとおり相川が代表落ちしました。コーチ陣に阪神出身者が多いだけに矢野贔屓は明らかでしたからね。それに加え星野監督は渡辺俊、高橋尚のことをあまり好んでるようには見えませんでした。実績のある選手を切って長谷部や矢野を残す姿勢は疑問ですね。
 あとは村田の打順ですがこれも阪神贔屓で4番は新井のままでしょう。調子を考えてメンバーは組んで欲しいものです。
  • Genre:

小山田⇔岸本・木村のトレード成立!

本日、横浜ベイスターズと広島東洋カープは、ベイスターズ岸本秀樹投手、木村昇吾内野手とカープ小山田保裕投手の交換トレードによる移籍について合意いたしましたので、お知らせいたします。



☆ 小山田 保裕(おやまだ・やすひろ)
ポジション:投手
出身地:茨城県
生年月日:1976年7月27日(満31歳)
身長・体重:183cm・88kg
投打:右投 右打
球歴:土浦日大高 – 城西大 – 広島東洋カープ
プロ野球経験:9年(1998年ドラフト5位)
■通算成績
205試合 16勝21敗37セーブ 完投6 完封勝3 投球回数382 奪三振278 失点192
防御率3.98
 トレードが成立しました。小山田は全盛期のキレさえ戻れば結構やれそうですね。先発志願して干されてたそうなので先発をやらせれば開花するかもしれません。
 一方広島への移籍が決まった木村と岸本ですが、横浜では1軍定着とは行かなかっただけに環境を変えてどこまでやれるかですね。木村の足や岸本の速球が良い方に開花してくれるでしょうか。
  • Genre:

広島・小山田と1対2トレードか!?

 横浜が、広島・小山田保裕投手(31)を交換トレードで獲得することが28日、明らかになった。横浜からは投手と内野手の2人が交換要員とされており、29日に本人に通達し、同意が得られ次第、両球団から即日発表される。

 小山田は今季3試合に登板。2試合に先発して0勝1敗、防御率8・25と不振だった。それでも右サイドからの150キロ近い速球に右打者の懐に鋭く落ちる「スカイシュート」は健在。02年には30セーブを挙げて球団のシーズン最多セーブ記録を更新しており、横浜サイドは本来の調子を取り戻せば、今季限りで退団した守護神・クルーンの後釜になりうると判断。小山田獲得を広島側に申し入れ、この日までに大筋で同意を得られた。

 今オフの最大テーマは先発投手陣の整備だった。「計算できる先発投手をできるだけ多くほしい」という首脳陣の要望通り、今後も新外国人投手を2人獲得予定。大学・社会人ドラフトでも即戦力の呼び声高い小林と桑原を指名するなど、先発陣は充実しつつあることから、球団はクルーンに代わる救援陣の補強に乗り出した。29日、広島が希望する2選手へトレードを通告し、移籍を了承すれば、即日「横浜・小山田」が誕生。両球団から正式発表される。

 ◆小山田 保裕(おやまだ・やすひろ)1976年7月27日、茨城県生まれ。31歳。土浦日大高から城西大を経て、98年のドラフト5位で、広島に入団。入団4年目の02年には、当時の球団記録となるシーズン30セーブを記録。プロ通算16勝21敗37セーブ、防御率3・98。183センチ、86キロ、右投右打。今季の年俸は2550万円。家族は妻と1男。
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20071129-OHT1T00052.htm
 いよいよトレードの話が来ました。小山田相手に2人出すということは2軍級のトレードっぽいですね。年々成績の落ちている小山田が横浜に来てどれくらい復活できるでしょうか。加藤・木塚・川村のバックアップ要員でしょうか。正式発表を待ちましょう。
04年 3.15 21試合 4勝3敗
05年 4.67 18試合 6勝11敗
06年 5.40 18試合 0勝0敗
07年 8.25 *3試合 0勝1敗
  • Genre:

横浜に異常事態!球団職員9人退団…

 横浜の今オフの球団職員の退団者が2けた近くに達することが27日、明らかになった。中でもスカウト部門はこの日、荒井信久スカウト部長(53)、中塚、松岡両スカウトに来季契約を結ばないことを通達。九州駐在の竹下スカウトにも『来季から九州に人員配置しない』と異動通告を行い、4人の退団が決まった。

 佐々木邦昭球団社長(60)は「集中コントロールが目的。今後はことあるごとに横浜から配置する」と説明したが、九州からは吉村(東福岡高出身)をはじめ有力選手をスカウトしているだけに、地元球界から疑問視する声があがっている。

 その他、元広報部員2人、業務部員3人と合わせ、現段階で計9人の退団が確定。球団納会も中止になった。この異常事態に現場も影響を受けることは必至だ。
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200711/bt2007112805.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000033-sanspo-spo
 なんだかよく分からないですね。球団内に何らかの争いが起こっている、あるいは起きていたようです。それを処理するために人事の入れ替えを行ったのでしょう。九州にスカウトを置かないというのはよく分かりませんが、全て横浜から派遣するつもりなんでしょうか。チーム状態に影響が出なければいいのですが
 横浜は荒井信久スカウト部専任部長(53)、松岡功祐スカウト(64)、中塚政幸スカウト(62)、竹下慎太郎スカウト(36)が今季限りで退団する。元明大野球部監督の荒井部長はアマ球界との太いパイプを期待され04年に就任。しかし希望枠で獲得の那須野、高宮、高崎らが即戦力として実力発揮できず、さらに補強方針でも球団と意見が食い違うなどしたこともあり退団に追い込まれた。

 那須野担当だった中塚、昨年ドラフト3巡目で指名しながら入団拒否された東京ガス・木村を担当した松岡両ベテランスカウトは、若返りを図る球団の方針もあり契約を打ち切られたが“粛清人事”の意味合いも濃い。さらに来季は九州に常駐スカウトを置かない方針から辞任した九州担当の竹下スカウトも含めて一挙4スカウトが退団という異例の事態。現役引退した稲嶺、進藤内野守備走塁コーチがスカウト転身予定だがいずれも実績はない。佐々木球団社長は「1年間暫定で九州在駐は置かない。経費がかかるようになったらまた考える」と説明したが不安は残る。球団ではスカウトだけでなく総務、業務、広報部門でも10人近くが年内限りで退団予定。恒例の球団納会も中止に追い込まれるなど、横浜が揺れている。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/11/28/08.html
 他紙で記事が出ていました。不振の自由枠投手の責任を取る形でスカウトを切ったようです。ここ何年間の不振は自由枠投手が使い物にならなかった、というのも原因の一因ですしね。
  • Genre:

来季開幕戦は阪神!

 来季の日程が発表されました。対戦相手は阪神。球場は忌まわしき京セラドームです。阪神相手なので開幕投手は寺原よりは三浦で行った方が良さそうですね。8月の日程もオリンピックの影響か今年より楽になっています。
 詳しくは以下のサイトで

http://www.npb.or.jp/schedule/
  • Genre:

ファーマニアク内野手獲得!

横浜が25日までに米アスレチックス傘下3A・サクラメントのJ・J・ファーマニアク内野手(28)と来季の契約に合意した。球団史上初めて「四球インセンティブ」が含まれ、1年契約で年俸6500万円(推定)。近日中にも正式発表される。

 ファーマニアクは今季3Aで106試合に出場し、打率2割9分2厘、15本塁打、51打点。21盗塁と足も速く、1番打者の候補。守備範囲も広く、主に遊撃や二塁を守り、今季メジャーで16試合に出場した。欠点は105三振の粗い打撃。変化球が多く、制球力で勝負する日本の野球への適応が心配される。そこで四球1個につき数万円程度とみられるボーナスを与え、三振数を減らすのが球団の狙いだ。

 「初の試みだが、確実に三振は減るだろう。選球眼がしっかりすれば、右方向に大きいのも打てるし、楽しみ」と球団関係者。横浜に93年から8年間在籍して3度のサイクル安打、二塁手として6度のベストナインに輝いた「ロバート・ローズ2世」として期待している。

 ◆J・J・ファーマニアク(ジェイソン・ジョセフ・ファーマニアク)1979年7月31日、米イリノイ州生まれ。28歳。ルイス大から00年にドラフト22巡目でパドレスに入団。05年にトレードでパイレーツに移籍し、メジャー初昇格。メジャー通算29試合で打率1割8分6厘、2打点、本塁打はゼロ。マイナー通算は889試合、打率2割7分、84本塁打、408打点、101盗塁。180センチ、84キロ。右投右打。
 出塁率の高い1番打者タイプという珍しい外国人を獲ってきました。来年は1番ファーストで使っていくんでしょうか。
 長打力より出塁率を重視したのは良いですね。横浜の場合、4番村田は固定されているので1~3番の出塁が重要になってきます。毎試合1回から点が取れるような形になれば試合進行が有利に進めます。久々の外人野手に期待しましょう。

  • Genre:

メジャー投手獲得へ!

横浜は、退団が決まった守護神クルーンの代役をメジャー腕から探す。3Aクラスの投手も候補にしていたが、球団幹部は「やっぱりモノが違う。それなりの予算も用意しているし、メジャー経験者ということで調査を進めている」。クルーンとの残留交渉では2年5億5000万円を提示した。その“クルーン資金”の一部をつぎ込んでメジャー腕を獲得する構えだ。現在、リチャード背古国際担当兼通訳が候補者の絞り込み作業を行っており、同幹部は「来月の7日ぐらいまでには契約を済ませたい」と話した。神奈川県内で野球教室を行った大矢監督は「フロントが責任を持ってやると言ってくれているから」と待望の守護神獲得に期待を寄せた。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/11/25/06.html
 クルーンの代理をメジャーから捜してくるようです。メジャーから探すんだったら投手より野手の方が良い気がするのですが…。ともかく連れてくるなら制球力があって、性格が良い選手がいいですね。性格が悪いと色々と問題を起こしてしまってチーム状況に影響しそうです。
  • Genre:

ファン感謝デーに行ってきました

今年もファン感謝デーに参加してきました。
IMG_1178.jpg

» 続きを読む

  • Genre:

日本代表快勝 村田は1安打

豪 000 000 000 |0
日 100 100 04x |6
〔オーストラリア〕 T・ブラックリー、ウィルトシャー、ワイズ、ヒル、トンプソン、トーマス - グレアム
〔日本〕 川上、高橋、小林、長谷部、岩瀬、上原 - 里崎
 打線がなかなか繋がらなかったものの投手の調子がよく、完封勝ちでした。村田も2点目に繋がる2ベースを打ちました。村田は今のポジションである6番サードで固定されそうですね。星野監督は打線をジグザグで組みたいようなので5番に昇格ということは無さそうです。相川の出番がまたありませんでした。使わないなら早めに返して欲しいですね。
村田の打席結果 中飛・左2・四球
  • Genre:

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。