1. Top » 
  2. 2008年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

大矢監督途中交代に含みを持たせる

大矢監督途中交代も/横浜
ベイスターズニュース 2008/06/19  記録的な低迷が続く横浜の佐々木邦昭球団社長は19日、大矢明彦監督(60)の進退について「(交代が)百パーセントないとは言えない」と話し、シーズン途中での監督交代の可能性を否定しなかった。これまでバックアップを約束してきた球団トップが一転、辞任に含みを持たせる発言をしたことは、チームの士気にも影響を与えそうだ。

 佐々木球団社長は「(監督交代が)絶対、百パーセントないとは言えない。この先、何が起こるか分からない」として、今後の展開次第で今季中の監督交代があり得るとの考えを示した。

 大矢監督は3年契約の2年目。今季は開幕から投手陣に故障者が相次ぎ、現在17勝45敗1分けで、首位阪神とは24・5ゲーム差、5位ヤクルトにも11ゲーム差と、挽回(ばんかい)不能な最下位に沈んでいる。

 佐々木球団社長はこれまで「3年やってもらう方針は変わらない」と明言。3年契約は「男の約束」などとして、フロントと現場が一枚岩であることを強調してきた。

 ところが低迷に歯止めがかからず、シーズン最多敗戦数のプロ野球記録(1961年の近鉄の103敗)を更新する勢い。若手が育たず、外国人補強の失敗による絶対的な戦力不足を球団側も認めているが、前代未聞の惨敗を前に方針が揺らいでいる格好だ。

 今季最下位なら、球団は3年目の契約を更新するかどうかの選択権を持つ。その場合は「フロントの人事を含め、現場も考え直さないといけない」と契約解除の可能性にまで言及した。

 一方、この日行われた臨時株主総会と役員会では大矢監督の今季中の続投支持を確認。その際、佐々木球団社長は「3年契約という既定の方針に変わりはない。(株主、役員の)みなさんから支持してもらったと解釈している」と話しており、発言の変転は球団内外から不信感を呼びそうだ。

 球団は横浜開港150周年に当たる2009年のシーズン優勝を目標に掲げてきた。3カ年計画を立て、招聘(しょうへい)したのが大矢監督だった。現状、計画の大幅な下方修正が迫られており、監督交代なら全面的な軌道修正を余儀なくされる。
 発言が一貫しませんね。監督の途中交代はあんまりいいものではありません。やるならコーチ全取っ替えくらいやらないと。個人的には大矢監督が続投でもいいのですが投手コーチ、打撃コーチは他の誰かを呼んできてほしいですね。
スポンサーサイト

中日 小池をトレードで獲得か?

headline_image.gif

 中スポの記事なのでかなり怪しいですが、トレード第2弾として小池が中日へ行ってしまうかもしれません。現在、中日は森野・李を欠いており若手でしのいでいます。そこで2軍でくすぶっている小池を獲得ということなんでしょうか。小池も2軍で4番を打ったりしていますが打撃の方はいまいちパットせず、1軍昇格が見送られ続けています。
 さてどうなるんでしょうか。

ベイスターズ携帯発売決定

 成績は低迷していますがauから着せ替え携帯としてベイスターズヴァージョンが発売されるようです。詳しくは以下の記事より。
>au夏モデルは「変身」「スポーツ」「映画」で売る コラボも強化
Image1.jpg

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。