1. Top » 
  2. 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

大矢監督休養へ 代理は田代2軍監督

横浜:「休養との判断なら従う以外にない」大矢監督

成績不振を理由に休養を命じられ、心境を語る横浜の大矢明彦監督=横浜スタジアムで2009年5月18日、芳賀竜也撮影 シーズン途中で休養が決まったプロ野球・横浜の大矢明彦監督(61)は18日午後、横浜スタジアムで報道陣の取材に応じた。主な一問一答は、次の通り。

 --経緯は。    

 大矢監督 午前中に佐々木社長と話をした。「当分の間、休養」ということだったので、それに従います。

 --どういう気持ちで戦ってきたか。

 ◆選手やコーチたちが熱心にやっていたので、できれば交流戦でもう一度、やり直しをしなくてはいけないと思っていた。

 --開幕6連敗のあと、持ち直す雰囲気もあった。

 ◆本当に選手が頑張ってくれた。特にピッチャーが昨年と比べて雲泥の差があった。戦力が整いつつあるのに負けが込んだのが(休養の)一つの原因。チームはベストの状態になれば必ずAクラスに行けると思っている。

 --選手に伝えたいことは。

 ◆頑張れば、それだけの順位はつかめると思う。ナゴヤの最後の日(17日)に選手にも話した。

 --志なかばでチームを離れる気持ちは。

 ◆私たちはプロの世界で生きている。休養と判断されれば、従う以外にない。チームに頑張ってもらえればと思っている。

http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20090519k0000m050037000c.html?inb=yt
 確かに采配に疑問の残る点はたくさんありました。ですがこのタイミングで解雇するのはおかしいです。フロントの迷走っぷりを表していますね。これで将来的にベイの監督になってくれるような人を探すのがまた大変になりました。
 とりあえず田代監督の明日からの戦いに期待しましょう。
スポンサーサイト

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。