1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 大場を外し1巡目に小林を指名
  4. ニュース » 
  5. 大場を外し1巡目に小林を指名

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

大場を外し1巡目に小林を指名

1巡目 小林 太志(コバヤシ フトシ) 投手 右右 JR東日本
3巡目 桑原 謙太朗(クワハラ ケンタロウ) 投手 右右 奈良産業大
育成枠
1巡目 関口 雄太(セキグチ ユウタ) 外野手 右右 滋賀大
2巡目 杉本 昌都(スギモト マサト) 捕手 右右 水戸短大附高
 大場のクジを外し外れ1位には小林を単独指名しました。小林という名前は全然知らなかったのですが、一応外れ1位候補にはあったようですね。
大学生と社会人を対象としたプロ野球のドラフト会議が19日東京都内で開かれ、横浜ベイスターズは即戦力として期待がかかるJR東日本の小林太志投手など4人の交渉権を獲得しました。

横浜が1巡目で交渉権を獲得したJR東日本の小林太志投手は群馬県出身の24歳、立教大学出身の右ピッチャーです。1メートル83センチの長身から投げ込む150キロ近い速球とキレのあるスライダー、それに、チェンジアップが武器の本格派で、即戦力として期待がかかります。
また、3巡目で交渉権を獲得した奈良産業大学の桑原謙太朗投手は打者の手元で変化する速球と切れ味鋭いスライダーが持ち味の右の本格派で、大学3年生の春には、全日本大学野球選手権でチームをベストエイトに導きました。
このほか2軍の試合や練習に参加できる育成選手として、滋賀大学の外野手、関口雄太外野手と水戸短大付属高校の杉本昌都捕手の交渉権を獲得しました。
横浜の大矢監督は、小林投手について「先発を任せられるピッチャーがほしかった。ローテーションの一角として期待しています」と話していました。
 こんな感じでストレートとスライダーが売りの投手のようです。桑原もアマで完全試合をしているようですし、即戦力で期待したいですね。
スポンサーサイト
  • Genre:

Comment

色付きの文字太志3順目、もしくは外れの外れの後の1順目指名でも十分間に合ったかと想像しますが・・・他球団が指名する気配でも察知していたのでしょうか? カトちゃんが来期活躍するようならYB球団編成部の引責問題ですね。
逆に大志やクワちゃんが活躍するようなら、スカウティングの目利き評価が急上昇ですね。でも過去を振り返ると、一本釣りや逆指名、抽選当たりで獲得した選手の方がYBにおいての活躍度は少ないような感じもしますので、逆転の発想で来期の新人君の好結果を期待しております。

  • ppp [#ntbreMG6] |
  • URL |
  • 2007 11/21 (Wed) 22:43
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/237-a89fac2a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。