1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 石井琢朗戦力外へ 佐伯・鈴木尚も?
  4. ニュース » 
  5. 石井琢朗戦力外へ 佐伯・鈴木尚も?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

石井琢朗戦力外へ 佐伯・鈴木尚も?

横浜の石井琢、戦力外に=プロ野球
 横浜の石井琢朗内野手(38)が戦力外通告を受けたことが3日、分かった。本人は現役続行を希望している。
 石井琢は1989年に投手としてドラフト外で入団。野手に転向後は盗塁王を4度獲得するなど俊足巧打の内野手として活躍し、2006年に通算2000安打を達成した。今季は8月以降、代打の出場が多くなっていた。通算安打は歴代14位の2306本。球団幹部は「冷たいかもしれないが、勝てる戦力を考えないと」と、力の衰えから判断したことを認めた。
 横浜はまた、この日は佐伯貴弘内野手(38)、鈴木尚典外野手(36)の2選手とも来季に向けた話し合いを行った。戦力外などの厳しい内容が伝えられたとみられる。 (了)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008100300888
 とうとうこの時が来てしまいました。琢朗は戦力外宣告されトレードやトライアウトで移籍先を探すことになります。ファンの多い選手ですし、チーム内部からも相当反発が予想されます。さらに佐伯、鈴木尚もクビを切ることになるとチームがまるっきり変わってしまいますね。ベテランに頼りっぱなしなのも良くないですが生え抜きを大切にしないとファン離れを引き起こしかねません。いったいどうなってしまうのでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

No Title

納得できませんよ絶対!
ベイスターズひどすぎです!

  • 健士郎 [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/03 (Fri) 23:38
No Title

大矢監督だけ残って、石井琢朗・佐伯貴弘・鈴木尚典の3人を戦力外にするのは許せないですね。戦力外にして台頭してきた若手のほか違うチームから補強したからといって勝てる戦力になるとは限らないし、この3人もちゃんとした起用をすればまだまだ活躍するんじゃないかな思います。この3選手たちと今の若い選手やこれから入団してくる新人たちを競い合わせてやっていくというやり方がいいと思います。功労者なんだから横浜球団はこういうとこも考えてもらいたいですね。安易にクビってことにしないで、横浜球団はこの3選手に謝罪して戦力外を撤回するべきですね、大矢監督が続投するんだから何とかしてでもベイスターズに残すべきだと思います。

  • sbbffgy [#mSRaIGR.] |
  • URL |
  • 2008 10/04 (Sat) 02:34
  • Edit

まさに最低。
大矢さんが代わりに辞めてしまえば良いだけの話じゃないの。起用の仕方が悪いだけで石井も佐伯も鈴木もまだまだバリバリ頑張っていけるはず。フロントも何考えてるのか全く解らん。

  • ドラキ~ [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/04 (Sat) 04:04
No Title

球団の考えがイマイチわかりません。石井、佐伯、鈴木の三選手を戦力外にするのなら、大矢監督も戦力外として首にするべきだと思う!正直、下園なんかより鈴木の方がバッティングセンスはあるし、石川なんかより石井の方が守備は格段に良い。そして、佐伯だってまだまだ起用すれば活躍だってできる。
選手が悪いから弱いのか? 確かに今の投手陣は安定していないから正直不安な点はあるけど、一番悪いのは選手の起用采配だと思う。 その辺は球団と監督はどう考えているのだろうか…
三選手がぬけたら、ベイファンは確実に減る事間違い無しですね。 勿論、自分も20年愛して来たベイを応援しなくなる事間違い無しです。

  • アンチ大矢! [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/08 (Wed) 01:48
No Title

大洋からベイスターズと40年間応援してきましたが、高木豊、屋敷、加藤らに続き同様なことが起きつつあり、まさに歴史は繰り替えすということかと思いつつも、いよいよベイスターズは、読売の二軍チームになるのかと思われることが納得いかない。これで、二岡とかでも入団したら、もう何をかいわんやですね。長年鈴木尚典を応援してきたが、使い方に問題があり、まさに歴代監督に問題があり、チームの犠牲者であると感じる。
森監督、牛島監督の使い方は、理解できない点が多々あり、有能な打者を潰したと思う。石井は、守備で使われてきたが、鈴木は守備で牛島にはずされた。あの時から変化が出たと思う。自信喪失に陥り、出口を見失ったと思う。大矢監督は、何とか実績で使い続けたが、心技体が伴っていないときに過度の期待をされて、その期待にこたえられなかった。今年の敗因は、少なくとも打者には原因は少ないと思える。ホームラン王、首位打者がいてもこの状態であり、投手力の建て直しが一番の問題。予備の投手が二名多いため、野手が二人少なくなる控えベンチが問題で、若手の起用ができていない。頻繁に入れ替えが行われ、使われずして二軍へいくものもいた。しかし、工藤は最優先で機会が与えられ、仁志は、かなり悪くても使っていた。金城もしかり。先発で4打席を暖めた人たちが残した結果であり、素直に評価を受けていくべき選手はレギュラーにあることを・・・。来年からは、ベイスターズの応援はもうやめたい。年間を通して、個人成績以外、何もスカッとしないし、もうこれ以上たくさんという気持ちでいっぱいだ。

  • 問答無用 [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/08 (Wed) 15:25
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • - [#] |
  • |
  • 2008 10/19 (Sun) 11:39
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/351-02f56873 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。