1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 鈴木尚が復活の兆し
  4. シーズンオフ » 
  5. 鈴木尚が復活の兆し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

鈴木尚が復活の兆し

 横浜・鈴木尚典外野手(34)が沖縄・宜野湾キャンプの16日、特打に臨み、125スイング中場外7本を含む45発のサク越えを放った。年俸2億2000万円から大幅ダウンの9000万円で出直すプロ17年生。背番号7番から入団時の51番に変更した今季、2度首位打者を獲得した男に輝きが戻ってきた。
右翼席へ、そして場外へ。鈴木尚が復活の時を告げる号砲を連発した。

 「自分はレギュラーではないので、アピールしていかないといけない。チャンスをいただけるだけで、ありがたいです」

 125スイング中、場外7発を含む45発。推定135メートルの特大弾もあった。97、98年に2度首位打者に立ったバットコントロールとパワーが完全に戻っていた。

 マシンガン打線の中心を担った男が、ここ数年は先発出場が激減。年俸も2億2000万円から9000万円に大幅ダウンした。今オフには7番のユニホームにも“決別”。心機一転の意味で、91年の入団時から7年間つけた51番に戻した。

 かつて51番といえば鈴木姓の代名詞だった。パではイチロー(現マリナーズ、当時オリックス)、そしてセではこの男。安打製造機であり、かつチャンスに強い打者としてともに相手投手を怖がらせた。

 そんな偉大なバットマンが復活。打撃ケージの後ろで見ていた大矢監督も「今の打撃なら、クリーンアップで使いたい」とうれしい悲鳴。

 「最近活躍していないのに、複数年で高年俸をもらっていたので、(契約が切れて)肩の荷が下りたという気持ちもあります。レギュラーを獲るために競争していく」

 血と汗と涙をともにした「51」とともに、鈴木尚が原点に戻って、外野の一角を獲りに行く。


(山下千穂)

【名言迷言】
◆休日だった前日15日のゴルフのスコアを聞かれた横浜・三浦

 「案の定、ボロボロでした…。300球の投げ込みをした翌日に、ゴルフなんてするもんじゃないですね…」
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200702/bt2007021704.html

去年復活の兆しを見せていましたが、今年こそ復活の予感がしますね。打撃の方はかなり順調なようです。鈴木尚の弱点といえば守備ですが、そっちの方はどうなんでしょう?鈴木を使おうとするとどうしてもセンターにはそれをバックアップできる選手を持ってこなければなりません。そうすると小池が第一候補になるのでしょうか。
報知には5番で使うと書かれていましたが、そうすると3番候補は金城、内川、吉村になるのでしょうか。
スポンサーサイト
  • Genre:

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/39-43dfbd08 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。