1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 横浜がグリン獲得へ
  4. シーズンオフ » 
  5. 横浜がグリン獲得へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

横浜がグリン獲得へ

横浜が新外国人として、今季日本ハムでプレーしたライアン・グリン投手(34)との契約に大筋で合意したことが19日、明らかになった。近日中にも発表される。

 今季のグリンは打線の援護に恵まれないことも多く、7勝14敗と黒星が大きく上回った。グリン側は契約更新を望んでいたが、日本ハム側は年俸(1億4000万円)と成績が釣り合わないとし、交渉は決裂。保留者名簿から外れた。

 12月2日に自由契約選手として公示されたが、防御率は3.64と安定感があり、チーム防御率が12球団最下位の4.74だった横浜が先発ローテの一角としてグリンに白羽の矢を立てた。

 横浜は新外国人としてすでにレス・ウォーランド(前ブルージェイズ)、トム・マストニー(前インディアンス)両投手を獲得。村上チーム運営部門統括はこれまでに「もう1人、ローテーションを1年間守れる投手が決まると思う」と話しており、大きな期待がかかる。

 一昨年は楽天で7勝7敗。今年は日本ハムに在籍し、日本でのプレーを望んでいたグリンが横浜の救世主になる。
http://www.sanspo.com/baseball/news/081220/bse0812200502001-n1.htm
 グリンとボーグルソンの獲得は噂されていましたが、グリンの獲得は本当になりそうですね。獲得できればかなりの戦力になりそうです。問題があるとすれば性格くらいでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/420-3aa03e42 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。