1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. キャンプ終了&来季のクルーンは…?
  4. シーズンオフ » 
  5. キャンプ終了&来季のクルーンは…?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

キャンプ終了&来季のクルーンは…?

横浜は26日、今月1日から沖縄・宜野湾で行ってきた春季キャンプを終了した。この日の練習は午前中のみ。最後に選手を代表して選手会長の相川亮二捕手(30)が「開幕まで約1カ月間、万全に絶好調にしてシーズンに入れるようにしていきましょう」とあいさつし、全員で1本締めを行った。
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/f-bb-tp1-20070226-162415.html
横浜のマーク・クルーン投手(33)が意味深発言だ。キャンプ最終日に55球の“投げ納め”を行った守護神は、自らのオフの去就についておもむろに語り始めた。

 「まだ来季のことは決まっていない。ここでキャンプを送ることができなくなるかもしれない。そう思うと感傷的になったよ」。今季が契約最終年。キャンプイン後の2月3日には「球団が決めることだけど、このチームは動きたくない」と“ベイスターズ愛”を宣言したばかりだったが、突然の“変心”ぶり。昨季は左股関節の故障もあり27セーブに終わったが、今季の活躍次第では2億円の年俸からの大幅増が予想される。シーズン中にも契約延長交渉が始まる。それを前にしての球団への“けん制”ともとれる発言に村上チーム運営部門統括は「来季も横浜で頑張ってほしいという気持ちに変わりはない。誠意を持って対応はするけど…」と困惑の色は隠せない。来日1年目の05年オフにも契約延長問題でもめて、退団騒動がわき起こった“前科”もある。日本最速男は今季、グラウンド外でも注目を浴びることになる。

 ≪大矢監督 納得のキャンプ打ち上げ≫横浜は午前中で練習を終え、一本締めで26日間のキャンプを打ち上げた。大矢監督は「競争しながらこの1カ月間過ごせた。もう少し弱点が目立つチームかと思ったけど、パワーがついてきた」と納得の表情。工藤とガッチリ握手を交わすと「ファンのためにやってくれたお礼と、これからだね、という話をしたよ」と笑顔を見せていた。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/02/27/05.html

 キャンプが終了しました。工藤や仁志ら新戦力の加入で例年以上に盛り上がったキャンプでした。しかし紅白戦では投手陣が打たれ、練習試合やオープン戦では勝ち星を挙げられなかったりと不安な面もありました。ここから開幕までに各選手や大矢監督がどう調整していくかが見物ですね。
 クルーンのことはちょっと心配ですね。来日1年目に交渉が上手くいかず揉めることもありました。今回も成績が上がれば年俸を上げなければならず放出されるかもしれない、成績が下がればクビになるかもしれない。横浜って球団は外国人にとっては厳しい球団ですね。クルーンは横浜の選手の中でも数少ないお客さんを呼べる選手だしファンサービスも素晴らしい選手です。何とかならないものでしょうか…?
スポンサーサイト
  • Genre:

Comment

沖縄に格安で・・・

沖縄にこんなに格安でいけるなんて知りませんでした・・・

  • 格安沖縄 [#-] |
  • URL |
  • 2007 02/28 (Wed) 19:07
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/47-c5dba774 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。