1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 横浜が慶大・加藤獲り…大学NO1左腕今秋ドラフト“希望枠”最有力
  4. シーズンオフ » 
  5. 横浜が慶大・加藤獲り…大学NO1左腕今秋ドラフト“希望枠”最有力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

横浜が慶大・加藤獲り…大学NO1左腕今秋ドラフト“希望枠”最有力

 横浜が今秋ドラフトで“希望枠”の最有力候補に、大学NO1左腕の慶大・加藤幹典投手(21)をリストアップしていることが1日、分かった。この日、横浜市内の球団事務所で村上忠則チーム運営部門統括は「最大級の評価をしています。候補? そうです」と明言。近日中に村上統括自らが視察する予定だ。

 加藤はMAX148キロを誇る本格派で、ここまで東京六大学リーグ通算22勝13敗。スライダーを武器にする即戦力左腕だ。地元・神奈川の川和高出身ということから村上統括は「地元の選手を他球団に獲られたくないからね」と熱視線を送っている。

 昨秋のドラフトでは大学・社会人3巡目で指名した左腕・木村雄太投手(21)=東京ガス=から入団を拒否された。最大の補強ポイントだった先発左腕としては、巨人から工藤を獲得。しかし、何年後か先を見据えるとスター候補の獲得は不可欠だ。

 村上統括は「今年は横浜でやりたいという選手しか獲らない」とも話した。今年のドラフト制度は未定だが、他球団も高く評価する加藤に誠意を尽くして相思相愛の関係を築いていくつもりだ。

 ◆加藤 幹典(かとう・みきのり)1985年6月4日、愛知・蟹江町生まれ。21歳。川和高では県川崎工・内(現ロッテ)、城郷・吉田(元ヤクルト)と「神奈川公立BIG3」と並び称された。慶大では1年秋に5勝しリーグVに貢献。ベストナイン、最優秀防御率を獲得。リーグ通算成績は46試合で22勝13敗、防御率2・08。178センチ、74キロ。左投左打。

木村に逃げられてるだけに今年は確実な方を選ぶようですね。確かに横浜ベイスターズというチームに愛着や好印象を持っている選手に来てもらった方が活躍したとき嬉しいし、活躍してくれると思います。今4番を打っている村田だって下位指名の巨人を蹴って横浜に来てくれたんですから。
スポンサーサイト
  • Genre:

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/53-1ef1aae6 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。