1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 鈴木尚典がFAについて語る
  4. ブログ » 
  5. 鈴木尚典がFAについて語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

鈴木尚典がFAについて語る

今こそ改革を!
 毎日、西武を巡っての「裏金問題」がマスコミをにぎわしています。僕が選手会長だった2004年に起きた球界再編の問題と同じように、僕ら選手にも無関係のことではありません。オープン戦での仕上がり具合の話は後日にして、今日は少し思っていることを書きたいと思います。
 この問題の原因はどこにあるのでしょうか。僕は一番は、制度だと思います。逆指名から始まって、自由枠、今の希望枠と選手が球団を選べる権利を持ってから、裏金がエスカレートしたと聞いています。完全ウエーバーなら球団がアマチュア選手に金銭を渡すメリットがありません。選手会も言っていますが、まずは希望枠を撤廃することだと思います。職業選択の自由がなくなると言っても、もともと12人にしか権利は与えられていませんでした。僕もそうでしたが、残りの選手は自分で球団を選べなかったわけですから、そもそも希望枠は不公平なシステムだったと思います。
 よく完全ウエーバーにするとアマチュアの選手が日本のプロ野球を通過しないで、メジャーを目指すという危険性が言われますが、本当にそうでしょうか? WBCで世界一になりましたが、日本のプロ選手のレベルは総合力という点はメジャーに比べても互角に渡り合えると思っています。そこで通用するかどうかを確認する前に、いきなりメジャーに行くリスクを犯すアマ選手がどれほどいるでしょうか?
 ただ、完全ウエーバーにすると、行きたい球団に行けないのも事実です。逆指名の導入前にも、これが原因でいろいろな悲劇が起きました。そこでFAを取るまでの期間を短くするというアイデアが出てきます。今の9年から5、6年にして、選手がピークのうちにほかの球団に行けるようにすればいいと思います。今でもメジャーから帰ってくる選手が多くいますが、早めに行けば早めに帰って来ることもあるかもしれません。その選手の旬の時期をアメリカだけではなく、日本のファンも見ることができると思います。
 今は逆指名が入った時と違って巨人やセ・リーグが一人勝ちしている時代ではありません。北海道から九州までフランチャイズが広がって、それぞれの球団に個性が出てきました。パ・リーグもプレーオフがあったりとひと昔前のようにマイナーなイメージはありません。メジャーという選択肢もできました。アマチュ
ア選手も何が何でも日本のこの球団に行きたいという意識は薄れてきていると思います。プロだけではなく、アマチュアも巻き込んだこんな問題が起きている今だからこそ、完全ウエーバーとFAの短縮を基本に思い切った改革をする時かもしれません。皆さんはどう思いますか?
http://takanori7.com/message/2007/03/post_97.html

 選手側の生の意見ですね。完全ウェーバーとFA短縮はどうしてもセットで議論しなければなりません。ファン心理としてはFA短縮は好きな選手が他球団へ簡単に行ってしまうイメージがあるので賛成しづらいですね。FA権を持った選手が全て他球団に移籍してしまうわけではないのですが、日ハムの小笠原のようなチームの顔だった選手が他球団に行ってしまうのは悲しいですね。FA短縮だとそれが30歳前後ではなく25歳前後の伸び盛りの時期にやってきてしまいます。そうすると12球団は選手を育てて売る球団と買う球団に別れてしまうでしょう。そうなってしまうと何だか悲しいですね。
 個人的な意見としては完全ウェーバーではなく1,2巡は重複指名をくじ引きとする旧ドラフト方式にして、FAは7年くらいに短縮。FAで選手を放出するチームには獲得するチームから今の制度より厚い補償をする。といった感じでしょうか。この鈴木尚典の意見は色々と考えさせてくれました。
スポンサーサイト
  • Genre:

Comment

そもそもFA制度自体、反対です。選手の希望希望と言いますが、そんなに選手の希望を聞かなければいけない理由が分かりません。選手も含めてプロ野球は誰のおかげで成立しているのか。ファンですよね。FAはファンに対する裏切り行為以外、何者でもない。例えば今年ベイスターズに来た仁志のように(彼はトレードだが)明らかに干されていた場合などはもちろん除くが、今年巨人へ行った元日ハムの小笠原のような場合は、最も失礼極まりない行為。去年優勝して、北海道へ球団が行き、大変盛り上がってるにも関わらず、ましてチームの顔とも言える選手が、他の球団へ行くなんてありえない。そんなにお金が欲しいのか。って感じ。縁あってその球団へ入り、育ててもらいファンに信頼され、最後までその球団で選手生命の幕を閉じる事の方がよっぽど素敵な事だと思う。広島の黒田のように残留した選手はファンに今まで以上の愛情を注がれる事は間違いない。黒田程の超一流ピッチャーなら、12球団一貧乏な広島に残留しなくても、他に高額な年俸を与える球団はたくさんあるだろうし、何処に行っても通用する程の日本を代表するピッチャー。それでも彼は残留した。お金大好き小笠原に少しは見習って欲しい。それと同時に球団側もやはりチームの顔を簡単にトレードはしないで欲しい。若いうちならいいが、ある程度年をとった選手は、やはり引退まで責任を持って球団に残す優しさを持つべきだ。長い間そのチームにいた選手を使い捨てのようにトレードしたり、くびにしたりする行為はファンをしらけさせる。それにその選手に対しても失礼だ。人間として頭がおかしい。人の人生を何だと思ってるのか。FAは巨人の為にあり、逆指名もほとんど巨人の為の制度。日本プロ野球界の中でどれ程巨人が権力を持っているのか知らないが、一人よがりもいいところ。日本のプロ野球界をつまらなくさせているのは巨人。大勘違いである。私は生涯ベイスターズファンだが、今や巨人人気も相当な落ち目。今年は横浜スタジアムで巨人との開幕戦を迎えたが、昔は横浜スタジアムは巨人ファンで埋まっていた。ところが今年は一塁側つまりベイスターズ側から売り切れとなり、三塁側のチケットを買って中に入るベイスターズファンがたくさんいた。この場に及んでまだ巨人ファンを続ける人口は減っている。今は阪神が一番の人気球団であり、むしろ阪神ファンがプロ野球人気を支えている時代である。巨人に渡辺恒夫にでかい顔をされる理由はない。FAも逆指名も考え直した方が良い。

  • ベイスターズおたく [#-] |
  • URL |
  • 2007 04/06 (Fri) 10:47
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baynews.blog87.fc2.com/tb.php/72-6fe4a6ce この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。